芋掘りで交流した小学生と龍谷高サッカー部員=佐賀市北川副町

 龍谷高サッカー部と、同部が主催するサッカー教室に参加する小学生による芋掘り体験が2日、佐賀市北川副町の練習グラウンド近くの畑であった。部員9人と児童16人が和やかに交流しながらジャガイモを掘り出していた。

 同校では、キャリア教育の一環で北川副地区の農家との交流を深めており、今回も北川副園芸部会長の中川和典さん(74)が協力した。サッカー部員がくわを使って土を掘り起こし、児童はその中からジャガイモを探し出していた。

 赤松小4年の山本雷日(らいか)君は「土の奥にあるイモを取るのは難しかったけど、お兄さんたちが優しくしてくれた」と話し、佐賀大附属小3年の西村好生(こうき)君は「お母さんに肉じゃがを作ってもらおうかな」と楽しみにしていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加