野中昭彦理事長(左)から目録を受け取った池田華音ちゃん(中央)と母親の奈津美さん=鹿島市の七浦保育園

 鹿島市音成の七浦保育園(42人、植松幸代園長)は3日、園児の保護者に「子育て応援給付金」を贈った。登園自粛への協力に感謝し、運営費から園児1人につき5千円を捻出した。植松園長は「コロナに負けない笑顔で、一緒に子どもたちを励ましていきましょう」と話した。

 園では、入園式をはじめ、保育参観や夏の盆踊りも中止に。寂しい思いをしている子どもたちの気持ちを和らげられないかと各家庭へ給付を決めた。

 運営する社会福祉法人「正覚福祉会」の野中昭彦理事長が目録を手渡し、「これからもコロナに気を付けよう」とあいさつ。受け取った池田華音(かのん)ちゃん(6)の母・奈津美さん(35)は「いろいろと動いてもらって本当にありがたい。大切に貯金に回します」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加