同性パートナーへの犯罪被害者給付金を巡る名古屋地裁の判決で、請求を棄却された原告側は「到底納得できるものではない。性的少数者に対する差別を放置する極めて残念な判決」として控訴する方針を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加