6月3日付の佐賀新聞に掲載されたスマホゲーム「Fate/Grand Order」の5周年を記念した見開き全面広告

 スマートフォン向けロールプレイングゲーム(RPG)「Fate/Grand Order(フェイト・グランドオーダー)」(FGO)のリリース5周年を記念した見開き全面広告が3日、九州・沖縄の地方紙9紙に掲載され、SNSなどで話題となっている。佐賀新聞には、人気サーヴァント「イシュタル」が佐賀インターナショナルバルーンフェスタ会場の佐賀平野に浮かぶイラストが描かれている。

 FGOは2015年リリースのスマホ専用ゲーム。数々の人気サーヴァント(歴史上や伝説上の人物を模したキャラクター)が登場し、シリーズを通して多くのファンを獲得。2千万ダウンロードを超える大ヒット作となっている。

 広告は5月4日の関東・甲信越、25日の東海・北陸に続き、九州・沖縄エリアで展開された。FGOのサーヴァントが、各地の名所とコラボレーションしたイラストが各紙に掲載されている。

 佐賀新聞には多くの問い合わせがあり、ツイッターなどSNS上でも広告についての書き込みが多く見られた。

 次回は13日に北海道、東北の新聞への広告掲載が予定されており、最終的に全国47都道府県の新聞に掲載される予定。FGOの5周年記念特設サイトでは、掲載された新聞の広告紙面を見ることができる。

 6月3日付佐賀新聞の購入はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加