佐賀大医学部附属再生医学研究センターのセンター長の中山功一教授らでつくる研究グループは、「バイオ3Dプリンター」の技術を使って薬剤の副作用を評価する手法を開発した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加