5日に数量限定で配布されるエコバッグ=佐賀市役所

 佐賀市は「環境の日」の5日、エコバッグ約300点を市役所本庁舎で配布する。海洋プラスチックごみが社会問題となり、レジ袋が7月1日に有料化されることに伴い、マイバッグの利用を呼び掛ける。

 配布するバッグはベージュ色の布製で、トンボやSDGsなどのロゴをプリント。大(縦40センチ、横36センチ、幅16センチ)、小(縦31センチ、横17センチ、マチなし)のいずれかを本庁舎の南、東、西玄関で正午から配る。環境問題に関するチラシも入れており、無くなり次第終了する。配布する市職員らは新型コロナウイルス予防でマスクや手袋などを着用する。

 5~25日は本庁舎市民ホールで、環境パネル展も開催する。干潟に漂着したごみ、市職員の「おすすめのマイバッグ」、地球温暖化問題に関するパネルなどを展示する。

 環境政策課は「マイバッグを持ち歩くのがかっこいいと、ライフスタイルを見つめ直すきっかけになれば」と狙いを語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加