東京大医科学研究所のチームは3日、遺伝子を改変するゲノム編集技術を応用し、新型コロナウイルスへの感染の有無を1時間ほどで確認できる手法を開発したと発表した。

 PCR法よりも短時間で結果が判明し、極めて短時間で判明する抗原検査よりは高い精度という特徴がある。ある程度時間がかかっても正確性が求められる現場での利用に向いていて、チームの真下知士教授(動物遺伝学)は「検疫や発熱外来で活用できるのではないか」としている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加