クラウドファンディングサイト「Makuake」

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、京都・祇園祭の山鉾巡行を中止したことを受け、祇園祭山鉾連合会は3日、山鉾の維持などに充てる寄付金を募るクラウドファンディングを始めた。目標額は300万円で、7月27日まで。寄付金控除の優遇措置も受けられる。

 連合会によると、祭の主な資金源は、各山鉾町が巡行前の宵山期間に有料で授与する厄よけちまき。例年、約20万本作り、収益を維持費などに充てているが、今年は宵山行事を中止するため入手機会が限られ、収入減が懸念されている。

 クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で受け付ける。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加