電力資材や鋼構造物などを手掛ける九州内田鍛工(伊万里市)で、溶接や組み立てを担当する百武晃さん(48)と栗原宏太さん(27)は、鋼材を固定する器具を新たに開発した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加