守備を欺く巧みなフェイントに、一瞬で相手を抜き去るスピード。ハンドボール神埼清明の西久保壱心(17)は、攻撃の要としてチームをけん引する。昨年の県総体決勝でライバルの佐賀清和に敗れて連覇を逃した悔しさを、SSP杯で晴らすことを誓う。 両親と3つ上の兄も競技に打ち込んできたハンドボール一家。