佐賀県内にある全13カ所の県営ダムで6月から、洪水などのリスクが高まる出水期の対策として、平時から一定程度水位を下げ、雨をためる容量に余裕を持たせる運用が始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加