佐賀県小城市の牛津小の6年生が5月29日、同校で牛津高の生徒からマスク作りを教わった。きょうだいくらいの年の差で会話も弾み、針やミシン、アイロンの使い方を学びながら、学校生活や友だちのことを尋ね合うなどして1時間半の交流を楽しんだ。 家庭科で身近に使える物を作ろうと、牛津高に協力を依頼した。