熊本県の2市2町でつくる菊池広域連合消防本部に勤務していた救急救命士の男性係長=当時(47)=が4月下旬、上司のパワハラをほのめかすメモ書きを残して自殺していたことが2日、消防本部への取材で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加