伊万里市議会の議会運営委員会は1日、6月定例議会の一般質問を、通常の3日間から1日に短縮することを決めた。市側に新型コロナウイルスの対応に集中してもらうとしており、3月定例議会でも同様の措置を取っている。8日の本会議で諮り、正式決定する。

 一般質問は最終日の19日に行う。変更は市執行部の要請ではなく、議会側が提案した。盛泰子委員長は「コロナ対策に関する質問が重複することが予想され、内容を整理して会派の代表者が登壇することにした」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加