『国内回帰は本物か』。業界紙の見出しが目を引いた。自動車や家電メーカーなどが海外生産の一部を国内に移管しようと検討を始めている。円安による価格競争力の高まり、中国などでの労務コスト上昇が背景にあるが、空洞化が続いてきた国内の製造業にとっては一筋の光明ともいえる。