署長感謝状を受けた副島敏郎さん(前列左)、北村美成さん(同中央)、斎藤良徳さん(同右)=佐賀北署

原田崇署長から感謝状を受け取る配達員の副島敏郎さん=佐賀市の佐賀北署

 行方不明の届け出が出されていた50代の女性を保護して警察に通報したとして、佐賀北署(原田崇署長)は1日、佐賀新聞川副販売店の配達員、副島敏郎さん(66)=佐賀市川副町犬井道=らに署長感謝状を贈った。

 感謝状が贈られたのは、副島さんのほか、同販売店店主の北村美成さん(56)=同町鹿江、同販売店従業員の斎藤良徳さん(51)=同町犬井道。

 4月10日午前3時15分ごろ、佐賀市川副町内で新聞を配達していた副島さんが、配達先の玄関近くで、リュックを背負ったままうずくまっていた50代女性を発見。「時間が時間だったのでおかしい」と思い、携帯電話で斎藤さんに連絡した。

 斎藤さんは店主の北村さんと2人で現場に駆け付けた。その場での通報を考えたが「寒かった。外でパトカーを待つのはどうか。事務所まで来てもらった方がいい」(北村さん)と、販売店まで連れて行った。

 原田署長は「深夜の時間帯で、これ以上発見が遅れていたら、事件や事故に巻き込まれていた可能性があった」と感謝した。女性を発見した副島さんは「当たり前のことをしただけです」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加