多久市は1日、5日開会予定の定例議会に提案する3015万2千円の一般会計補正予算案を発表した。補正後の総額は、5月19日に専決処分した分を合わせて156億3539万6千円。

 補正の主な内訳は、9月に運用開始予定のマイナンバーカードを活用したポイント付与策の広報費35万円、宝くじの助成金を使った地区公民館の建て替え工事費補助1500万円など。2018年7月の大雨で被災した林道7路線のうち、昨年8月の豪雨で工事用の道路が寸断され、復旧が進んでいない5路線の工事費300万円も計上した。

このエントリーをはてなブックマークに追加