ワシントン州の港に停泊する中国のコンテナ船=2019年11月、タコマ(AP=共同)

 【北京共同】米ブルームバーグ通信は1日、中国政府が米国からの農産品の輸入を一時停止するよう国有企業に指示したと報じた。香港問題を巡る米国との対立が背景にあり、米中貿易協議の「第1段階」合意が「危機にひんしている」とも伝えた。

 状況に詳しい関係者の話としている。停止の対象には大豆や豚肉が含まれているという。トランプ米政権が反発すれば、休戦中の米中貿易摩擦が再燃する可能性がある。

 ブルームバーグによると、関係者は「中国は香港を巡る米国との緊張関係の高まりを見計らっている」と話した。

 国有企業2社が一時停止を命じられたという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加