梅雨入りを前に、佐賀県内の市町が大雨など災害時の避難所運営の見直しを急いでいる。新型コロナウイルスの影響で新たな対応を迫られているためで、これまでの倍以上に相当する避難スペースの確保や、感染を防ぐ備品購入を進めている。