受け付け場所から、注文と商品受け取りをするドライブスルー方式の「お祭り屋台」=唐津市の松浦川運動広場

「お祭り屋台」で注文したアイスを受け取り、笑顔を見せる子ども=唐津市の松浦川運動広場

 露店の味をテイクアウトで楽しんでもらう「お祭り屋台ドライブスルーin唐津」が、唐津市鏡の松浦川運動広場で30日に始まった。祭り気分を味わってもらおうと県移動商業協同組合が開いた。露店前には車が列をなし、子ども連れがカラフルなアイスやかき氷などを味わっていた。

 焼きそばやクレープなど約15店が並び、7月26日までの毎週土日、午前10時~午後7時に開く。徐行運転して露店前を通った後、受け付けで注文や商品受け取りができる。

 息子と訪れた同市久里の女性(32)はキャラクターカステラを注文し、「子どもを連れてなかなかイベントに行けてないのでうれしい」。近所から歩いてきた平井宗治さん(40)は「SNSを見て楽しげだったので立ち寄った」。息子の蒼海(うみ)君(4)もかき氷を頰張り、「おいしい」と満足げだった。

 3月からイベントや祭りが軒並み中止となり、露店の出番がなくなっている。組合理事の野口進さん(52)=唐津市=は「花火大会や秋祭りシーズンは書き入れ時だが、8月以降も中止が続きそう。スーパーなどの店頭販売でなんとかしのいでいる」と嘆きつつ、「想像以上に来ていただいた。『3密』にならない範囲で、より楽しめる方法も考えていきたい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加