武広勇平町長にマスクなどを寄贈するブリヂストン佐賀工場の水田良樹工場長(右)=上峰町役場

 上峰町のブリヂストン佐賀工場は29日、新型コロナ感染症対策として、同町にマスク5040枚と防護服200枚を寄贈した。町は医療機関など必要とする場所で活用したいとしている。

 マスクはウレタン製で、感染拡大を受け、従業員用などとして神奈川県の工場で生産。地域貢献の一環として、工場や事業所が立地する全国17自治体に計30万枚を寄贈している。防護服は、同工場の従業員が梱包こんぽう用のビニールシートを使い、ボランティアで製作した。

 同町役場であった寄贈式では、水田良樹工場長が武広勇平町長にマスクと防護服を手渡した。水田工場長は「町の皆さんや地元の医療機関などで役立ててほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加