唐津市熊原の歯科技工士松尾琢磨さん(73)が17日まで、自宅歯科医院の待合室で個展を開いている。作品は実物大のセミの抜け殻で、題名も「空蝉(うつせみ)」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加