佐賀市の大和中(宮原健二校長、598人)で27日、電子黒板を用いた生徒総会が開かれた。新型コロナウイルス対策として初めて実施し、生徒会役員が話す映像やスライドが各教室の電子黒板に映し出された。 各委員会は年間目標を発表し、事前に生徒から寄せられた質問に回答した。