マスクによる肌荒れ防止に皮膚科医が勧めるスキンケア

 新型コロナウイルスへの感染防止のため、毎日のマスク装着が長時間に及ぶ人が多い。肌荒れなどの皮膚のトラブルをどう予防し、対処したらいいか、東京医科歯科大皮膚科の宗次太吉講師に聞いた。

 一般的な不織布(サージカル)マスクは内側に水分がこもりやすく、暑さや蒸れを感じる人が少なくない。「口の周囲の汗や汚れをこまめに拭き取ったり、洗顔したりして、顔を清潔に保つことが大切」と宗次さん。

 蒸れた状態でマスクを外すと、皮膚は乾燥して荒れやすくなる。それを防ぐには、マスクを着ける前に保湿クリームなどを顔に塗るスキンケアが有効だ。保湿後にマスクを着け、汗をかいたら洗顔、保湿と習慣付けるのがお勧めだ。

 マスクの刺激などで皮膚が荒れて赤くなった場合、まずはしっかり保湿すべきだが、薬局の薬剤師に相談し、適した軟こうを選んでもらうのもいい。市販薬を数日使っても改善しなければ皮膚科を受診しよう。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加