絶景で知られる「浜野浦の棚田」。一枚一枚の田んぼが夕日を美しく映す=東松浦郡玄海町

 日本の棚田百選に選ばれ、夕日がきらめく絶景で知られる東松浦郡玄海町の「浜野浦の棚田」について、環境保全に取り組むボランティア企業を県などが募集している。住民の高齢化が進み、草刈り作業などが重荷となっているためで、関係者は「ぜひ、保全に協力してほしい」と参加を呼びかけている。

 浜野浦の棚田は総面積約11.5ヘクタール。急傾斜地に大小約280枚の田んぼがあり、大型機械が入らないため、維持管理に大きな手間がかかる。現在、地元の人など20人ほどで管理しているが、他の仕事を抱えている人も多いという。保全活動に携わる玄海町地域おこし協力隊で棚田プランナーの国重亜樹奈さんは「地元は高齢化で、今後の棚田の維持に不安を抱えている。ぜひ、手伝ってほしい」と語る。

 ボランティアを希望する企業は、県農山漁村課=電話0952(25)7124=に申し込む。県内の棚田を守ろうと、県は棚田地区と企業の橋渡しを行っており、双方の希望を聞いて内容を調整する。担当者は「年に数回の草刈り程度なので、まずは気軽に相談してほしい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加