七つの島へ歯ブラシを贈った県歯科医師会の門司達也会長(左)と唐津東松浦歯科医師会の田邉隆会長=唐津市役所

 県歯科医師会(門司達也会長)は、新型コロナウイルスによる影響で巡回診療を停止している唐津市の七つの離島に歯ブラシを贈った。子ども・大人用や入れ歯用の約1700本を全ての島民に届ける。

 年3回、歯科医師らが各離島を訪れ、診療に当たっている。新型コロナの感染拡大防止のため、4月から中止しており、再開は7月末からを予定している。

 25日に関係者が市役所を訪れ、峰達郎市長に目録を手渡した。門司会長(55)は「年配の方も多く、口の健康について心配している。ウイルスの感染予防にもつながるので診療を待つ間、清潔に保ってもらいたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加