環境省信越自然環境事務所は29日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウを長野県の中央アルプスで増殖させるため、唯一生存している野生の雌が産んだ無精卵と動物園などで生まれた有精卵とを取り換…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加