飛沫(ひまつ)を防止するシールド越しに記者会見する立憲民主党の枝野代表=29日午後、国会

 立憲民主党の枝野幸男代表は29日の記者会見で、安倍政権に代わる政権の構想案を発表した。新型コロナから命と暮らしを守る「ポストコロナ」の社会像として、過度な自己責任論の見直しと「小さな政府」からの脱却、支え合いの重要性を訴えた。

 枝野氏は「自公政権に代わる新しい政権に向け、党内外の思いを共にする皆さんへ呼び掛けたい」と語り、構想案を基に野党各党と議論を進めたいとの意向を表明。次期衆院選までに各党共通の政権構想として取りまとめ、本格的な共闘につなげる考えを示した。

 政府のコロナ対策を「後手で規模が小さすぎる。大局的な視点を持たないことが要因だ」と批判した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加