警察署入り口付近のデモ隊=28日、米ミネソタ州ミネアポリス(ロイター=共同)

 28日、米ミネソタ州ミネアポリスで、炎上する警察署前で拳を突き上げるデモ隊(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米中西部ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人容疑者が白人警官から暴行を受け死亡した事件を巡り、ミネアポリス中心部で抗議活動をしていたデモ隊が28日夜、警察署に放火し、炎上した。米メディアが伝えた。ワルツ州知事は非常事態を宣言、鎮圧のため州兵に動員を掛ける中、衝突が激化した。

 デモ隊は警察署の窓ガラスを割って署内に侵入、警官は全員、署から退避した。デモ隊は署内の設備を破壊した上で放火した。警察署からは大きな炎が上がったが治安上の懸念から消防が近づけない状態が続いた。

 隣接する州都セントポールでもデモ隊が暴徒化し数十カ所で火の手が上がった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加