室町時代から続く新春行事「円座祭り」が17日、太良町大浦の竹崎観世音寺で行われた。地元の小中学生12人が、稲わらで編んだ円座を空高く放って青竹で突き、新年の幸福を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加