【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は29日、香港への国家安全法制導入に英国や米国など4カ国が懸念を表明したことに対し「中国の内政問題であり、いかなる外国も干渉する権利はない」と反発した。

このエントリーをはてなブックマークに追加