県中学総体の中止を発表した県中体連の島一満会長(左)と山下晃二理事長=佐賀市久保泉町の金泉中

 佐賀県中学校体育連盟(れんめい)(島一満会長)は26日、7月下旬(げじゅん)を中心に開催(かいさい)予定だった県中学校総合(そうごう)体育大会(県中学総体(そうたい))の中止を発表しました。新型コロナウイルスの影響(えいきょう)で休校が長期化し、夏休みが短縮(たんしゅく)される可能性(かのうせい)や生徒の練習不足などを考慮(こうりょ)したものです。一方、各地区大会は開催を前向きに検討(けんとう)しており、陸上など地区大会が開かれない10競技(きょうぎ)については代替(だいたい)大会を模索(もさく)しています。
 県中学総体は6月中旬(ちゅうじゅん)に開幕(かいまく)。7月下旬までに18競技を行い、約5500人が参加する予定でした。中止は1964年に大会が始まって以来初めて。
 中止の理由について県中体連は会見で、(1)授業(じゅぎょう)時間確保(かくほ)のために夏季休業が短縮される可能性がある(2)熱中症(しょう)に加えて感染(かんせん)症対策(たいさく)が必要となり、負担(ふたん)が大きい(3)十分な準備(じゅんび)や練習ができておらず、生徒の健康・安全面が懸念(けねん)される(4)より多くの生徒が参加する地区大会の日程(にってい)を考慮し、早期の判断(はんだん)が必要だったことの4点を挙げました。
 島会長は、県大会を中止することで、7月上旬(じょうじゅん)に予定していた各地区大会の日程を後ろにずらせると説明。練習時間の確保や準備に余裕(よゆう)が出て、「(地区大会の)開催の幅(はば)が広がる」と述(の)べました。地区大会を主催(しゅさい)する各地の中体連からは、開催に前向きな回答を得ているといいます。代替大会は8月末までの実施(じっし)を目指し、各競技団体(だんたい)と協議を進めるとしました。(27日付1面)

このエントリーをはてなブックマークに追加