1対1の練習に取り組む選手たち=みやき町の三根運動場

 「女子サッカーのまち宣言(せんげん)」をしたみやき町で発足(ほっそく)した女子サッカーチーム「みやきなでしこクラブU-15」が21日、同町の三根運動場で初の公開練習を行いました。小学6年~中学2年の選手18人が、8月に開幕(かいまく)を予定している九州リーグを目指して、懸命(けんめい)にボールを追いました。
 チームは、町が支援(しえん)する「みやきスポーツコミッション」が運営(うんえい)母体となり、4月に発足。新型コロナウイルスの影響(えいきょう)で結団(けつだん)式やチームお披露目(ひろめ)が見送られ、自宅(じたく)などでの個人(こじん)練習が続いていましたが、14日からみやき町内のグラウンドで本格(ほんかく)的な練習が始まりました。
 公開練習では、そろいの練習着の選手たちが、監督(かんとく)やコーチの指示(しじ)を受けながら体を動かしました。練習を終えた佐賀市の寺井虹湖さん(城東(じょうとう)中1年)は「チーム全体で練習するのは楽しい。上手な選手も多いので負けないように頑張(がんば)りたい」と笑顔(えがお)を見せました。(23日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加