政府は5月25日、新型コロナウイルス感染症対策のための緊急事態宣言を解除しました。基本的対処方針が改定され、「新しい生活様式」の定着などを前提として一定の移行期間を設けました。対策の徹底を前提に、社会経済の活動レベルは段階的に引き上げられます。

移行スケジュールは3週間ごとに切り替え日がある


 国が提示した移行スケジュールは、3週間ごとにステップを進める方式となっています。

 

 ステップ切り替え日 

 ① 緊急事態宣言解除(5月25日)後~
  (外出自粛に関しては、5月中はステップ0と定められている)
 ② 6月19日
 ③ 7月10日

 

 ステップ①~6月18日 

外出自粛・観光

  【移動】東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道への移動は慎重に
  【観光】県内での振興は徐々に

 

イベントの開催

  【屋内】100人以下、かつ収容定員の50%程度以内の参加
  【屋外】200人以下、かつ人と人との距離を十分に確保

 

施設の使用

  【クラスターが危惧される施設】
  (接待を伴う飲食業、カラオケ、ライブハウス、スポーツジム等)
  外出の自粛要請等を緩和

  【接待を伴う飲食業・ライブハウス等】
  知事の判断。業界や専門家によるさらなる感染防止策
  【カラオケ・スポーツジム等(バーや屋内施設含む)】
  人数管理・感染防止策を徹底し、厳密なガイドラインを順守

 

 ステップ②6月19日~7月9日 

外出自粛・観光

  【移動】可能
  【観光】都道府県をまたぐ観光振興に徐々に取り組む

 

イベントの開催

  【屋内】1,000人以下。収容定員の50%程度以内の参加人数で
  【屋外】1,000人以下。人と人との距離を十分に確保

  ※イベントそのものがリスクの低い場で行われたとしても、休憩時間の交流などを極力控えることを呼びかける

 

施設の使用

  感染防止策を徹底する

 

 ステップ③7月10日~7月31日 

外出自粛・観光

  【移動】可能
  【観光】都道府県をまたぐ観光振興に取り組む

 

イベントの開催

  【屋内】5,000人以下。収容定員の50%程度以内の参加人数で
  【屋外】5,000人以下。人と人との距離を十分に確保

  ※全国的な人の移動を伴うイベント(プロスポーツ等)については、無観客開催を求める

 

施設の使用

  人数管理・感染防止策を徹底し、厳密なガイドライン等を順守。知事の判断。
  クラスターが発生した場合等には休業要請等を検討。

 

 ステップ④8月1日以降 

外出自粛・観光

  【移動】可能
  【観光】都道府県をまたぐ観光振興に取り組む

 

イベントの開催

  【屋内・屋外】上限なし。収容定員の50%程度以内の参加人数で
  【屋外】上限なし。人と人との距離を十分に確保

  ※全国的な人の移動を伴うイベント(プロスポーツ等)については、主催者による試合中・前後における選手・観客等の行動管理を

 

施設の使用

  人数管理・感染防止策を徹底し、厳密なガイドライン等を順守。知事の判断。
  クラスターが発生した場合等には休業要請等を検討。

 

 地域行事、祭、花火大会 

① 地域の行事(参加者が把握できる盆踊り等)

 【屋内】100人又は収容定員の半分を上限
 【屋外】200人を上限として人の距離を十分に確保

  6月19日以降は具体的な人数指定なし。

 

②①以外(広域的な人の移動、参加者の把握が困難)

  中止を含めて慎重に検討

  ※大声での発声、歌唱や声援、又は近接した距離での会話等が想定されるようなイベント等は、上記の目安に関わらず、開催をより慎重に検討する。

 

 【外出自粛・観光】スケジュール 

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室「移行期間における都道府県の対応について」より

 

 【イベント開催制限】スケジュール 

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室「移行期間における都道府県の対応について」より
内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室「移行期間における都道府県の対応について」より

 

 【クラスター発生施設等】スケジュール 

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室「移行期間における都道府県の対応について」より

 

参考:内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長
「移行期間における都道府県の対応について」
https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_0525.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加