佐賀県高校総合体育大会と全国高校野球選手権佐賀大会の代替大会となる「SAGA2020 SSP杯県高校スポーツ大会」の日程と会場が28日、正式に決まった。6月13日から7月30日まで、佐賀市や唐津市など県内各地で29競技30種目を実施。高校生たちが、新たな集大成の場で熱戦を展開する。

 会場は佐賀市のSAGAサンライズパークのほか、高校の体育館やグラウンドなども使用し、各地に分散させる。野球は、7月11~30日の土曜や日曜を中心に10日間の日程で行うことが決定。11日に2会場で開幕し、23日の3回戦から30日の決勝までは佐賀市のみどりの森県営球場で行う。

 観客の入場は、屋外競技は基本的に認める方針で、屋内競技については感染対策を検討した上で競技ごとに今後判断する。現在、大会への参加を受け付けており、参加するかどうかは、各学校や生徒の意思を尊重する。

 大会は県高校体育連盟、県高校野球連盟、県、県教育委員会の4者が主催する。28日の定例会見で、山口祥義知事は「みんなと団結して全力で立ち向かい、決定できた。実現に向けて取り組みたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加