多久市立病院に入院していた市内の女性(93)がトイレに放置され感染症を発症したとして、病院を管理する多久市に60万円の損害賠償を求める訴訟を佐賀地裁に起こしていたことが13日分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加