【ニューヨーク共同】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は28日、競技再開に向けた新型コロナウイルス感染防止対策のガイドラインを公表し、バット、グラブ、ヘルメットといった用具を他の選手と使い回さないことなどを定めた。選手にはつばを吐くことなどを禁止し、握手、ハイタッチといった身体的接触も避けるようにする。

 ベンチでは最低でも1メートルの間隔を取り、使用するボールもホームとビジターチームで分ける。審判員にはマスク、手袋の着用が求められる。

このエントリーをはてなブックマークに追加