杵島郡江北町は28日、新型コロナウイルスに関する経済対策として、町内在住で収入が減少した自営業者や農家らに対し、最大30万円を応援金として支給すると発表した。国の持続化給付金などで補塡(ほてん)しても足りなかった減収分に対し、町が支援する。

 1~5月に売り上げが減った自営業者や農家のほか、出勤停止や解雇で同期間の給与が減少した給与取得者も対象になる。少なくとも約350人が対象になる見通し。減収の割合は問わない。農家は作付面積などに応じて減収分を算出する。総予算額は1億1030万円で、財政調整基金を活用する。

 6月15日から町役場で申請を受け付ける。町産業課は「経済活動が戻りつつある中、少しでも応援ができれば」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加