記者会見する北九州市の北橋健治市長=28日、北九州市役所

 再び休館となった北九州市の小倉城=28日午後

 新型コロナウイルスの感染者が再び増加している北九州市は28日、新たに21人の感染確認を発表した。23~28日の市内の新規感染者は43人となり、このペースで増えると、近く福岡県の休業要請基準を超える恐れがある。北橋健治市長は発表前の同日午前、記者会見で「このままでは間違いなく大きな第2波に襲われる。新たな局面を迎えた」と述べた。

 北九州市によると、4月30日~5月22日は感染確認がゼロだったが、23日から連日判明し、27日までの感染者の多くは経路が分かっていない。小倉城など市の43施設は28日から再び休館。厚生労働省は27日、クラスター対策班を派遣した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加