大小の鉢を並べた小さなイチゴ畑

 ホトトギスのリズミカルな声が聞こえる季節になりました。梅雨入り前のこの季節は、秋に仕込んだタマネギや豆類の収穫、草刈り、夏野菜の植え付け、支柱立てと畑仕事がすごく忙しいのですが、ラッキョウ仕事、梅仕事と季節の保存食作りも忙しくなります。

 それに加えて今年はイチゴ仕事が仲間入り。去年、畑の入り口に植えた2株のイチゴの苗からたくさんのランナーが伸びたので、使っていない大小の植木鉢に鉢上げして、庭に小さなイチゴ畑を作りました。少しばかりのイチゴ狩りを楽しんだのですが、畑の入り口に残された苗にも不格好なイチゴが次々と。少しずつ冷凍庫でためていたイチゴ貯金もいつのまにか満期になったので、イチゴジャムを作りました。

 この時期は本当にやりたいことがたくさん。ラジオで「ステイホームで時間がたくさんあるうちに」なんて言うのを聞きますが、もっともっと時間がほしいこのごろです。(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加