大阪府庁で開かれた新型コロナウイルス対策本部会議で発言する吉村洋文知事=28日午後

 大阪府は28日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、クラスター(感染者集団)が発生した業種に限って継続している休業要請を6月1日から解除すると決めた。4月14日の要請開始から1カ月半を経て全業種で終了する。感染拡大を防ぐため、ナイトクラブなどの接待を伴う飲食店、バー、ライブハウスの3業種向けに取りまとめた独自指針も公表した。

 解除時期は既に方針を発表した京都府、兵庫県とそろえた。スポーツジムやカラオケ店は、業界団体が作成した指針を守ることを条件に解除する。3業種にはまだ国が認めた業界指針がなく、暫定的に府の指針に従うよう求める。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加