和竿(ざお)の魅力にひかれ、18年間和竿製作に情熱を傾ける佐賀市の真島勝年さん(78)が、布袋(ほてい)竹(ちく)を使った繊細で難易度が高い「小継ぎへら竿」を8カ月がかりで完成させた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加