Jリーグは27日、各クラブの2019年度経営情報を開示した。3月決算の4クラブと新型コロナウイルスの影響で決算確定が延期となった6クラブを除く45クラブ分で、J1神戸が18年度のリーグ史上最高営業収益を更新する114億4千万円を計上し、初めて100億円を超えるクラブとなった。

 純損失が20億円を超えて2期連続赤字となったJ1鳥栖に関して村山勉クラブライセンスマネジャーは「既に増資の計画についてわれわれとコミュニケーションを取り、最終的に債務超過に陥っていない」と説明した。J2琉球は4期連続の赤字となったが財務基準には抵触していないとして参加資格は失わなかった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加