鳥栖市が公開した新庁舎のイメージ動画(ユーチューブから)

鳥栖市が公開した新庁舎のイメージ動画(ユーチューブから)

鳥栖市が公開した新庁舎のイメージ動画(ユーチューブから)

 鳥栖市は2022年に利用開始予定の新庁舎のイメージ動画を作成した。市のホームページから閲覧できるほか、6月1日から市役所1階の市民課窓口にあるデジタルサイネージ(電子看板)でも紹介する。

 動画は利用者が歩く視点で作成し、新庁舎南側のメインエントランスから本館に入り、1階ホールや市民の利用窓口へ。総務部門などが入る2階の執務室、3階の教育委員会や議会ゾーンなどを巡る。約5分間にまとめ、「市民の皆さんに、より具体的にイメージしてもらえれば」と担当者は話す。

 新庁舎は現庁舎の北西にあるグラウンドに本館と北別館を建設し、本館は地上3階建て(一部4階に機械室)、北別館は地上2階建て。今年8月中に契約後、着工し、22年5月ごろの利用開始を予定している。総事業費は65・9億円。

このエントリーをはてなブックマークに追加