配達ボランティアで飲食店を支援する(左から)安藤慎さん、佐藤好範さん、菅原賢史さん、西脇道我さん=鳥栖市の妙善寺

 新型コロナウイルス感染症による売上減に苦しむ市内の飲食店を応援しようと、鳥栖市の妙善寺住職の菅原賢史さん(41)ら有志4人が、ボランティアで配達を手伝っている。「目立つ車でPRしよう」と菅原さんは檀家回りで使うパキスタン製のオート三輪を走らせ、付いた愛称が「O・D・P」(お坊さんデリバリープロジェクト)。「飲食店は“鳥栖の顔”。元気にするお手伝いができれば」と語る。

 鳥栖市のテイクアウト情報サイト「とっとっと」に加わる飲食店のうち7店の配達を手伝っている。菅原さんが運転し、店の従業員が後部座席に同乗して料理を運び、集金する。オート三輪は水色とピンクの“サガン鳥栖仕様”の特注品で「オート三輪で来てほしい」とご指名も受ける。

 この活動に、戒円寺副住職の佐藤好範さん(40)、就労支援事業所ふくろう鳥栖事業所の西脇道我さん(38)、炭火居酒屋ひげぶたの安藤慎さん(36)も賛同。注文が多い週末などは2台目、3台目の配達車が出動する。

 日頃の檀家回りで市内の地理は詳しく、「お坊さんとデリバリーの相性の良さに、われながら驚いています」という菅原さん。自身1歳半の息子がおり、「子育て世代や交通手段がない人にとって、温かいものが家に届くサービスは便利。ビジネスや新たな仕組みとして成り立たないか社会実験にもなれば」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加