「一企業だけで維持していくのは、なかなか大変」。JR九州が筑肥線など赤字路線の収支を公表した27日、青柳俊彦社長は会見で、路線維持のためには沿線地域の協力が不可欠と強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加