「一企業だけで維持していくのは、なかなか大変」。JR九州が筑肥線など赤字路線の収支を公表した27日、青柳俊彦社長は会見で、路線維持のためには沿線地域の協力が不可欠と強調した。