表彰を受ける永松祐香さん(左)と国際ソロプチミスト佐賀の有島径子さん=佐賀市の旅館あけぼの

 夢を持って頑張る女性を支援する国際ソロプチミスト佐賀(有島径子会長)が26日、本年度のクラブ表彰式を開き、夢を生きる賞に有田町の永松祐香さん(33)、社会ボランティア賞に佐賀市大和町の井手直美さん(59)が選ばれた。

 永松さんは、国際ソロプチミストアメリカ日本南リジョンからも表彰された。シングルマザーとして発達障害を持つ子を育てながら、ファッション美奈ドレスメーカー学院(佐賀市)でデザイナーを目指し勉強しており、「世界でも引けを取らない力を付けて、オーダーメード服の感動を伝えたい」と抱負を語り、家族や恩師への感謝を口にした。

 井手さんは、放課後等デイサービスの「こどもひろば」(佐賀市大和町)を運営している。障害を持つ子どもたちに馬と触れ合える機会を提供、大人になった時に働く受け皿を目指し、昨年から馬ふんを使った堆肥販売も手掛ける。

 また昨年から始めた支援金贈呈では、佐賀清和高校3年生2人に奨学金10万円をそれぞれ贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加