唐津海上保安部での15年の役目を終える巡視船「いなさ」=提供

巡視船「やえぐも」=第七管区海上保安本部提供

 唐津海上保安部(林亮治部長)に所属する「巡視船いなさ」が老朽化のため、6月19日に役目を終える。15年間、密漁の取り締まりや海難救助などに当たってきた。新たに「巡視艇やえぐも」が配備される。

 いなさは1990年から稼働し、全長43メートル、総重量は180トン。2005年に同保安部に配備された。福岡県糸島市から長崎県松浦市までの海域を守ってきた。

 やえぐもは全長32メートル、100トン。同保安部には5隻の船が所属している。

このエントリーをはてなブックマークに追加