7月26日から16日間、ドイツ・ツァイツ市を訪れた「鳥栖市子ども交流団」が帰国した。さまざまな活動を通してドイツの歴史や文化を学んだ団員たちは「充実した毎日を過ごし、最高の友達ができた」と喜んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加