清原果耶さん

 NHKは27日、2021年春から放送予定の連続テレビ小説が、宮城県気仙沼市などを舞台にした「おかえりモネ」に決まったと発表した。ヒロイン永浦百音役を俳優の清原果耶さん(18)が演じる。

 気仙沼市出身のヒロインが、移り住んだ同県登米市で「天気予報は未来を予測できる仕事」と教えられる。難関を突破して気象予報士となり、人々に幸せな未来を届けていく物語。脚本は「きのう何食べた?」などの安達奈緒子さん。

 清原さんは「気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい」とコメントしている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加